2007年11月21日水曜日

スターバックスコーヒーでの置き土産で遊ぶ


スタバで入れ替わりで座ったOLの忘れ物らしい無印良品のクリスマス冊子のカタログが目につく・・・ちょっと手にとりながめてみた・・

刺繍のような図柄の表紙を開くと、「クリスマスこばなし」と題して、いくつかのクリスマスにまつわる話しが日米語で書かれている・・・ゆっくり指でなぞり英語で読んでいくと、シンプルゆえ意味がわかってなんとなく嬉しい。(小人はリトルピープルということがわかったりする。)

クリスマスにちょっとした手軽なプレゼントをさがすと、実はなかなかいいものがない。そういうときMUJIのクリスマス・シリーズは、大人に子供のクリスマスキブンをプレゼントするものとして、とてもいいと思う。
まだ現物をみていなが、その冊子の中で気になったのは・・・

黒板の素材で出来た車のおもちゃ:黒板って時々無性に書いてみたくなることが自分はあって、本来はちいさな黒板を手元においておきたいぐらいだ。このクルマは、黒板で作られていて、当然でチョークで自由に書くことができる。
これがあれば福山演じるガリレオは、地面にいきなり数式を書かなくて済むかも。

廃材にビー玉をつけたシンプルな万華鏡に惹かれる。妙なことを自慢するが子供時代にビー玉を通して景色をみた時間は、日本中で自分を超える人はいなと思えるぐらい、ビー玉をのぞくのは好きだった。そのままみるのに飽き足らずビー玉を熱して、急に冷やしてヒビをいれて万華鏡のようにして視ると、この世のものとは思えぬ光景が見えたものだ。

まだ実際に触れたことがない品々・・・実はスタバの置き土産の冊子の中で楽しむ程度が本来はいいのかもしれない。

ところで・・・この冊子、一度手にすることがあったら、そっとその香りを試して欲しい。
子供頃のプレゼントが包んであった包装紙の香りが、かすかにするから・・・その香りこそが、クリスマスの思い出を想起する妙薬のようなものかも。


7 件のコメント:

sally さんのコメント...

こんばんは。
matさんの記事を読んでいると時々こういう「あ、この人もこの感じ分かるんだ。」って感覚になることがあります。
包装紙の匂い!私も大好き!最後のこの文章で、幼いころの、クリスマスの朝包装紙を開ける一瞬を突然と思い出しました。
匂いで。
香りの記憶って、いちばん意外と鮮明なのかもしれませんね。

しまっち さんのコメント...

赤い冊子!
私も探してきます((*゚Д゚)ゞデシ!!
赤と緑の季節になりましたね。
マットさんとビー玉の思い出!
すてきです。

mat さんのコメント...

サリーさん
コメントの返事が遅くなってごめんなさい。
多分自分が感じていることは、すべからく他の人も感じていることですよ。でもそれをおぼえているか否かの違いかもしれないです。
包装紙の香りは昔はちょっときつく、かぐとトキメイタ記憶があります。においはとても大事な思い出につながっていきます。

mat さんのコメント...

しまっちさん
コメントのお返事が遅くなってすみません。
冊子みつかりましたか?
僕は現物をMUJIで見てきましたよ。
やっぱり、冊子の中で楽しんだほうがよかったかも・・笑

そのちゃん さんのコメント...

クリスマスの赤と緑の包装紙、ワクワクする香りでした。

包みを開ける娘達にとっても、贈り続けた私にとっても懐かしい香りですね。

mat さんのコメント...

そのちゃん
クリスマスはいかがでしたか?
こちらのブログも再開させます。
どうぞよろしくお願いしますね。

CresceNet さんのコメント...

Gostei muito desse post e seu blog é muito interessante, vou passar por aqui sempre =) Depois dá uma passada lá no meu site, que é sobre o CresceNet, espero que goste. O endereço dele é http://www.provedorcrescenet.com . Um abraço.