2009年2月15日日曜日

かなり楽しいー


大人?になると子供のように興奮したりしない。子供のようにおどけてみせることはあっても、気持ちの中でどこか違うって思ったりする。
そんな自分にとって心底興奮するのは、物を自分で何かを創って、それがきちんと機能した瞬間だ。


こちらは自作無線機の2号機。1号機は電信だったかが、こちらはマイクで喋って相手の声を聴くーそういうトランシーバ。しかし、部品数も少なく効率もよくないー
スイッチを入れて、無線仲間の声がかすかにイヤーホーンから聴こえてきた瞬間は、まさに子供ように興奮する。今回交信できた距離は数キロだが、この無線機で交信範囲をどこまで広げられるかーそういうことに挑戦するのも自分にとっては、かなり楽しい。

4 件のコメント:

そのちゃん さんのコメント...

ご無沙汰しています。

自分で作ったものを使いこなせるって
楽しいでしょうね。

地図の写真を拝見して今日たまたま見たテレビ番組を思い出しました。
ランプを作ってる職人さんの作品なんですが
小さな裸電球のランプの下に方位磁石がセットされてて、誰かに手紙を書くときに、そのランプを地図の上に置くんです。
送りたい人の方角を向くようにね。

手紙を書くことに、彩りを添える素敵なランプだとおもいませんか。

mat さんのコメント...

こちらこそ、ご無沙汰しています。
サンテ系?をみると、そのちゃん、どうしているかなーって思ったりしております。
それは、とても面白いランプですね。そういうことってぜったりありだと思います。

そのちゃん さんのコメント...

え?サンテ系?ですか。
なんだろ・・・?

mat さんのコメント...

サンテ・グジュペリでーす。
★の王子様ですね。 笑