2008年8月1日金曜日

山岳無線の楽しみ


夏の休日の午前中、近所の無線仲間と富士山登山中の仲間を迎撃するべく近くの公園へ・・・
無線にも色々楽しみ方があるようですが、山岳移動中の方と下界から交信するのは独特の世界観があります。山岳活動に無線はつきもので、小説や映画でとても緊張感溢れる交信風景には高揚したものです。
かつて穂高岳のチームと、刻一刻状況を無線でやりとりしながらベースキャンプのようなことをしたときにも興奮しましたね。

5合目から一睡もできずに、頂上を目指し、無線下界の仲間と交信するー
ケータイで(通じないとは思いますが・・・)「おれ、今富士山!」っていわれるより、ずっとシズルを感じます。
写真は迎撃用のアンテナ、上はいつも色々教えていただいてる7N4WBD  Yさんのアンテナ。下の貧相なアンテナが私が自作したものです。

2 件のコメント:

ホリゑ さんのコメント...

携帯、何か味気ないですしねー。
とか言うと、おっさんなんだろうか?

無線、楽しそうですよね。
自作の無線機って所が、何とも。

mat さんのコメント...

ケータイはねー便利道具ですね。無線は趣味道具ですね。
でもね、無線はある世代感や趣向があわないとー相当マニアックにみえてしまうのですよ。笑