2008年5月11日日曜日

自作無線機 外観完成!

部品あつめ3ヶ月+GWの夜中、朝方などの細切れの時間を利用してここまで完成しました。
でも実は外観だけです。中の基板キットが届かないんで。やることがないので、外観に結構時間をかけてしまった。
このつまみ秋葉原でデッドストックもので色が小豆色でなんともいえない質感なんです。先につかうことを決めていた丸いメーターと合わせてレイアウトを決めていきました。つまみ類を極端に狭い場所につめてレイアウトするのは、航空無線の手法です。右のスイッチのガードは、SF作家の野尻抱介さんのHPに紹介されていた手法をまねしてみました。バックパッキン中に不用意にスイッチが入ってしまわないようにするためのガードです。東急ハンズの端切れのアルミ材を加工して造りました。スイッチと蒼いパイロットランプが入っています。ハンズでの端切れは中央のブラゥンのパネルのアクリルも求めました。ハンズは一般的には高いけど、この端切れものを結構掘り出し物があって重宝しています。
スピーカーはケータイ電話の小型のスピーカーを内臓するためにアルミのパンチ板を加工して取り付けました。ちょっとレトロな無線機のイメージに寄与しています。ほんとはねじ類も+ではなく-の旧式をつかいたかったんですが、まぉ凝りだしたらきりがないので、ハンズで適当なものを求めました。
まーるい赤いシールのJI1KZNとは僕のコールサイン。
軍用色は嫌だったんですが、ネィビーブルーで塗装しました。

ムードを盛り上げる?ためにハムラジオ用の世界ゾーンマップをトップカバーに貼り付けました。まぁ実際は日本国内、アジアあたりが当初の目的です。運がいいとヨーロッパやUSといったところと交信できるようですけど・・・

4 件のコメント:

usako さんのコメント...

素敵な 蒼い宝箱のようですね。作る時間も大事にされるなんて 心の余裕を感じますよ。

そのちゃん さんのコメント...

オリジナルが出来上がるまでの時間って
とっても楽しいですね!

タンタンみたいに無線がいろんな国へ
飛び交うかと思うとわくわくします。

mat さんのコメント...

usakoさん
久しぶりですね。
蒼い宝石箱ーいいですね、ありがとう。
うまくつくれるといいんですが・・

mat さんのコメント...

そのちゃん
そうですね、ハワイとかと出来ると嬉しいと思っています。タンタンもどりましたよ